Yahoo!ニュース高速化へのサイトデザイン側からのアプローチ (Yahoo! JAPAN Tech Blog)というエントリーによると「Yahoo!ニュース」がリニューアルして表示が高速化したようです。

2009-04-30_1617.png

お客様がウェブを閲覧するのは1日の中のほんの限られた時間です。その貴重な時間を割いてYahoo!ニュースに来ていただくわけですから、1ページでも多くの記事を「読みやすく」「ストレスなく」見ていただけるようにするのが、Yahoo!ニュースがお客様にできる最高のおもてなしだと考えています。

ストレスなく閲覧するために実施された施策が、具体的に解説されています。

1. 高速表示のためのリニューアル
2. UI部分の変更

利用者の思考の流れが途切れないレスポンスタイムの限界は1秒だとされています。今回のリニューアルでは、1秒以内に記事を表示させ、お客様の貴重な時間を読み込みの待ち時間にあてないということを目標に取り組みました。

リニューアル前は3〜5秒という表示時間が、1秒以内に表示されることを目標に取り組まれたということです。

CSS Spriteの採用、8bit-PNGの採用、Optpix WebDesignerを利用した減色処理など具体的に説明されていますので、興味のある人はぜひコチラで確認してください。