日本の作家ら174人グーグル著作権訴訟和解案拒否という記事より。

米検索最大手グーグルの書籍データベース化をめぐる著作権訴訟に絡み、詩人の谷川俊太郎さんをはじめ日本の作家ら174人が和解案を拒否し、著作をデータベースに載せないよう求める通知を同社に送ったことが25日、分かった。

「重要な事項が多数含まれる和解案を検証し、答えを出すには(回答期限まで)時間がなさすぎる」ということで著作権管理団体「日本ビジュアル著作権協会」の会員の約半数が和解案を拒否したということです。

「今後、和解の枠組みとは別にグーグルと独自に交渉していきたい」としています。

グーグルは、各国で出版された書籍をデータベース化し商業利用できるとした米出版社などとの和解案が、米国外でも効力があるとして、和解に参加するかを5月5日までに意思表示するよう著作権者に求めている。

そういえばこのことに関して、ぼくも日経BPから封書が届きました。「クチコミの技術」の件ですね。はてさて、どうしたら良いものか。

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング (単行本(ソフトカバー))

4822245772