ビデオ編集できるウェブアプリ「Jumpcut」から、2009年6月15日をもってサービスが終了するというメールが届きました。

2009-04-16_1116.png

ネタフルで最初にレビューを書いたのは2006年4月、その後9月にはYahoo! に買収されていました。そこから2年半でのサービス終了という決断です。

日本ではそれほどユーザは多くないと思われるので影響はなさそうですが、Jumpcutではアップロードしている動画をダウンロードするためのツールをリリースする予定だということです。

当時からするとHD動画が一般的になり、ローカルのPCで編集するのもけっこうパワーが必要だったりするようになっています。

もともとはYahoo! Videoとの相乗効果などが見込まれていた訳ですが、そこに需要はあまりなかったということでしょうか。

■関連エントリー

ウェブベースのビデオ編集アプリケーション「Jumpcut」
Yahoo!「Jumpcut」を買収
「Jumpcut」ログインにYahoo IDが必要に