Googleの元デザイン責任者、Twitterに入社という記事より。

Twitterは3月31日、Googleでビジュアルデザイン責任者を務めていたダグ・ボーマン氏が入社したことを明らかにした。

Googleの元デザイン責任者ダグ・ボーマン氏が、Twitterに入社したそうです。

Googleには3年間勤務していたそうですが、辞めた際にブログで退社の理由として「主観を廃してデータに基づいてデザインを決定するGoogleのやり方」を挙げていたということです。

こうしたデータ主義が「Googleをまひさせ、デザイン面での大胆な決定を妨げていた」とし、「このような環境ではやっていけない。こんな些細なデザイン上の決定について議論するのが嫌になった」と述べていた。

2種類の青色のどちらを採用するかでも、データをきっちりとって検証が行なわれたりしたみたいですね。

確かにデータを取ると保守的なデザインが受けたりとか、まあそういった不満があったのかもしれません。デザイナー自身で決められないというか。

一方ではデータは正直だったりもしますし、このあたりはもう企業のカルチャーなのでしょうね。そこに合うか合わないか、という。

そしてダグ・ボーマン氏は、Twitterのクリエイティブディレクターに就任したことが発表されています。

同氏の仕事はデザインチームを作り上げ、デザイン面の課題に取り組み、Twitter全体のデザイン戦略に貢献することなどだという。

最近、自分の中では再びTwitterが盛り上がっているので、期待したいところです。

■関連エントリー

マツダが「Twitter」を活用したプロモーション
ブロガーを魅了する“ミニブログ”とは?
「Twitter」を便利に使う10のツール
Google、Twitterアカウントを開設
そういえば「Twitter」を使いはじめてから2年経過
ブログの更新情報をTwitterにポストする「TwitBacker」
ミニブログ「Twitter」と8つのライバルたち
Twitterの発言を統計解析する「TweetRush」
Twitterでコミュニティを作れる「twicco(ついっこ)」
Google AdSenseチームがTwitterアカウントを開設
KNN神田、Twitterで参院選出馬を宣言
TumblrをTwitterする「twitterfeed.com」