ウィルコム、ドコモ網利用のデータ通信「WILLCOM CORE 3G」という記事より。

通信方式3G/HSDPAとなり、通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大384kbpsとなる。端末はネットインデックス製のUSBスティック端末「HX001IN」が提供される。サービスエリアはドコモのエリアに準拠し、人口カバー率は100%となる。

ウィルコムが、NTTドコモのFOMAネットワークを利用した法人向けデータ通信サービス「WILLCOM CORE 3G」を開始するそうです。

次世代PHSサービスがスタートする2009年10月までの繋ぎで「WILLCOM CORE 3G」自体は2012年12月末までの期間限定となっています。

ただし、ユーザーの動向次第では、延長される可能性は「ゼロではない」(ウィルコム広報部)という。同社では「WILLCOM CORE 3G」のユーザーがXGPに円滑に移行できるような施策も検討していく。

2009年10月といえばもうあと半年くらいな訳なのですが、次世代PHSサービスが間に合わないとか、もしくは想像以上にユーザが流出して歯止めしないといけないとか、そういう緊急事態なのでしょうかね。

携帯電話でドコモを利用している法人だったら、まあデータ通信もドコモで揃えようとしても自然ですもんね。ウィルコムよりドコモの方が高速じゃん! みたいな。

さあ、満を持して登場する次世代PHSサービスが、とんでもない料金と速度で度肝を抜いてくれることを期待しているのですよ。