米グーグル、売上高増も初の減益という記事より。

米インターネット検索大手グーグルが22日発表した2008年10-12月期決算は、売上高が前年同期比18%増の57億90万4000ドル(約5130億円)と増収を確保したが、純利益は68%減の3億8244万2000ドルと大幅減益となった。

Googleが2004年の上場以来、初の減益となっています。しかも、純利益68%減となる、3億8244万2000ドルの大幅減益です。

ただし、売上高に関しては、前年同期比18%増の57億90万4000ドルと、増収となっています。増収したものの減益でした。

情報技術(IT)分野の高成長企業の代表格だったグーグルも世界的な経済混乱の影響を回避することはできず、金融市場の混乱による投資評価損の計上やコスト増が足を引っ張った。

こうした事情もあり、最近はサービスの終了を相次いで発表しているGoogleなのでした。

「携帯電話など成長が期待できる分野への積極的な投資を続ける」とシュミットCEOはコメントしています。

Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~

Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~

■関連記事

グーグル初の減益…評価損、コスト増響く

08年通期の売上高は31%増の217億9555万ドル、純利益は0・5%増の42億2685万8000ドルだった。