ヤフー新CEOにバーツ氏 売却交渉再燃?という記事より。

米インターネット検索大手ヤフーは13日、新最高経営責任者(CEO)に米ソフトウエア会社オートデスクの元CEO、キャロル・バーツ氏(60)を指名、同日付で就任したと発表した。

ジェリー・ヤン氏がトップから退き、後任としてソフトウエア会社オートデスクの元CEOであるキャロル・バーツ氏が就任することになったようです。

バーツ氏は2006年まで14年間オートデスクのCEOを務め、その間に売上高を5倍以上に伸ばした。05年には米経済誌フォーチュンの「ビジネス界で最も有力な女性50人」の1人に選ばれたこともある米情報技術(IT)業界の実力者。

記事では、再びMicrosoftとの買収交渉が再燃する可能性がある、としています。Yahoo! としても、必死で生き残りを模索することになるのでしょうね。

キャロル・バーツ氏は「ヤフーが昨年から多大な困難に直面していることは否定できない」とコメントしています。

■関連記事

ヤフー新CEOにバーツ氏…MSへの売却交渉再燃も

株価低迷でヤフー株主の多くはMSへの売却に現在でも前向きとされる。