ソフトバンク初の首位=ドコモ2位—08年携帯純増数☆差替という記事より。

電気通信事業者協会が9日発表した2008年の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた累計純増数でソフトバンクモバイルが238万6300件となり、前年の2位から暦年で初めて首位に躍り出た。

2008年の携帯電話契約数で、新規契約から解約を差し引いた累計純増数についてソフトバンクモバイルが初の首位を獲得したことが明らかになりました。

1位 ソフトバンクモバイル 238万6300件
2位 NTTドコモ 100万4600件
3位 au 99万5400件

初の首位ということで、しかも2位のNTTドコモには倍以上の差を付けての逆転となっています。

ソフトバンクに関しては経営状況にきな臭い噂などあったのですが、ユーザ数は着実に増加しているのですね。逆に低料金が足かせにならないと良いのですが、ユーザにとってはそこが魅力です。

「iPhone」のこともあるし、頑張って欲しいです。

■関連エントリー

ソフトバンクの経営が不安視される5つの理由
ソフトバンクユーザは電波状況をあまり気にしない?
ボーダフォン → ソフトバンク
ソフトバンクモバイル、17ヶ月連続で純増数トップ