米小型ソフト開発大手RockYou,日本市場参入--ソフトバンクと合弁会社設立という記事より。

デスクトップ上などで動作する小型ソフトウエア「ウィジェット」開発の米大手RockYouが日本市場に参入することが,2008年12月12日までにわかった。ソフトバンクと合弁会社を設立。2009年1月から営業活動を開始すると見られる。

FacebookなどのSNSで動作する小さなアプリケーション「ウィジェット」を開発する「RockYou」が、ソフトバンクと合弁会社を設立して日本参入するようです。

社長には孫正義・ソフトバンク社長の弟で,オンライン・ゲーム運営のガンホー・オンライン・エンターテイメント会長の孫泰蔵氏が就任する。

アメリカでは急成長している分野というか企業のようなので(月間利用者数は1億800万人,月間閲覧数は20億ページビュー)、目の付けどころがソフトバンクな感じですね。

どういう売り上げがあるかというと、

自社開発のウィジェットに配信する広告売り上げのほか,ウィジェット専用の広告配信ネットワークから得る広告配信代理業務による売り上げがある。

というものだそうです。

メディア・パブに2007年のものですが関連エントリーがあります。

メディア・パブ: Widgetが1億7800万人にリーチ,強力な広告メディアになりそう

Widgetは,既に世界で1億7780万人のインターネットユーザーにリーチしている。これは,Slide, RockYou, PictureTrailなどのWidgetを今年4月にcomScoreが測定した結果である。

メディア・パブ: Facebook向け主要アプリ,ユーザー数が驚異の急増を

その中で,人気のあるWidgetを複数本,送り出しているSlide, Rockyou ,HotorNotの3社は,Facebook効果でユニークユーザー数を急増させている。