グーグル「ストリートビュー」中止を要請という記事より。

インターネット検索大手、グーグル社の地図と写真を組み合わせたサービス「ストリートビュー」について、上智大の田島泰彦教授(メディア法)やジャーナリストの斎藤貴男さんら13人が19日、「市民の同意なく住宅地などを撮影、公表するのはプライバシー権を侵害する」として中止を求める要請書を同社に送付した。

開始当初からいろいろな意味で話題になっていた「Googleストリートビュー」ですが、ついに「プライバシー権を侵害する」として中止を要請する意見書が送られています。

「インターネットを通すことによりプライバシー情報を広範に流布し、深刻な権利侵害をもたらす」

我が家は「Googleストリートビュー」に収められていないので、直接的な感情というのはまだ分からないのですが、やはり庭先だったり自宅の窓が写っていたりすると、ちょっと気持ち悪いという感覚にはなるかもしれません。

お店の外観を人に伝えたりする時には便利なんですけどね。「問題視する声が相次いでいる」ということで、Googleはどのように対応するでしょうか。

■関連エントリー

新築マンション検索「マンションDB」Googleストリートビュー対応
「Googleストリートビュー」でプロポーズ大作戦
「Googleマップ」ストリートビューから自分を守る方法
「Googleストリートビュー」アメリカ全土をほぼカバー
「Googleマップ」ストリートビューであんなところを見た!
「Google Maps ストリートビュー」面白スポット・トップ15
Googleマップのナビゲーションが新しくなりストリートビューが統合
「モバイルGoogleマップ」ストリートビューに対応
「Googleマップ」ストリートビュー日本版が開始!
「Google Mapsストリートビュー」に記録された自転車コケる少年