WebKit、新JavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」発表でSafari高速化へという記事より。

米Appleが中心となって開発しているオープンソースのWebレンダリングエンジン、WebKit開発チームは9月18日、JavaScriptエンジンの最新版「SquirrelFish Extreme(SFX)」を発表した。

WebKitの開発チームから、JavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」がリリースされました。これが高速らしいです。

SunSpiderによるベンチマークテストでは、SFXは6月にリリースした初代SquirrelFishの約2倍、現行のWebKit 3.1の約3倍の速度を実現したという。

慣れというのは恐ろしいもので、最初は速いと思ったSafari 3.1にも慣れてしまいました。しかし、それよりも約3倍も速いらしいのですよ「SquirrelFish Extreme」は。

最近はJavaScriptを使ったウェブアプリケーションも多いので、JavaScriptの速さ=ウェブブラウザの速さに感じることもある訳でして、JavaScript高速化は続いていくのですね。

開発者の1人であるチャールズ・イン氏が、2.4GHzのiMac上でSFX、Mozilla FoundationのTraceMonkey、Google ChromeのV8をSunSpiderテストで比較したところ、SFXはTraceMonkeyとV8よりも高速だったという。

正式にリリースされるのはいつ頃なのでしょうね。

■関連記事

WebKit、新JavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」を発表

「SquirrelFish Extremeは、高速のネイティブコード生成を含む先進の手法を使って、さらに向上したJavaScriptのパフォーマンスを実現する」と、プログラマーらは述べた。