アダルトサイトよりSNSが人気にという記事より。

インターネット上で特にユーザーの人気を集めるのが、アダルトサイトからソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に移り変わったことが分かった。

インターネット追跡調査会社ヒットワイズのゼネラルマネジャーのビル・タンサー氏が、1,000万人以上に関する情報を分析したところ、ネットユーザの人気を集めるのがアダルトサイトからSNSに移り変わっていることが明らかになったそうです。

検索にアダルトサイトが占める割合は10年前の20%から10%程度に落ち込み、一方でSNSが最も検索されるようになった。

SNSが検索される‥‥何が検索されているのでしょうか。

確かに、SNSは移動時間やちょっとした暇つぶしに見る人も多いでしょうから、そういう意味では利用時間というのは長いのでしょうね。10年前にはなかったタイプのサイトですし。分かります。