mixiがOpenID認証サービス、マイミクによるアクセス制御も可能にという記事より。

OpenIDは、共通のユーザーIDを複数のサイトで使えるようにする認証技術。現在、OpenIDに対応したサイトは世界で1万以上に上るという。ユーザーは、OpenID対応サイトで「mixiでログイン」ボタンをクリック。mixiにログインした上で、mixi OpenIDの利用同意画面に同意すれば、OpenID対応サイトにログインできる。

mixiが、OpenID認証サービス「mixi OpenID」の提供を開始しました。「OpenID」対応サイトに、mixiのID/PWでログインすることが可能になります。

mixiユーザーのOpenIDは「https://id.mixi.jp/」ではじまるURLとなっており、無料会員の場合、この後には数字が表示されるが、有料会員は任意の文字列を設定できる。

ぼくは無料会員なので、確認してみたら確かに数字がくっついていました。「設定変更」の一番下にある「mixi OpenID」から確認/変更可能です。

「OpenID」に対応しているサイトであれば、いちいちユーザアカウントを取得することなくmixiアカウントでサービスの利用が可能になるという訳です。ユーザ数も多いし、インフラみたいなものですね。

mixi Platformでは今後、mixiのデータを外部のサイトやアプリケーションで利用できる仕組み、mixi上でユーザーが自由に利用できるアプリケーションを提供する仕組みなどを検討し、サービス戦略の柱のひとつにしていきたいとしている。

ということで「mixi OpenID」は「mixi Platform」の第一弾なのだそうです。クローズドなSNSのmixiが、どんな風に外部サイトと連携して行くのでしょうね。

「ユーザーをmixi内に縛り付ける状況を打破したかった」と技術顧問の小山浩之氏。

■関連記事

ミクシィ、認証サービス「mixi OpenID」を提供--「mixi Platform」第1弾

mixi OpenIDに対応するウェブサービスは、マイミクシィ認証を利用することで、mixiの特定ユーザーの友人だけに閲覧や更新を許可するアクセス制御を実行できる。また、コミュニティ認証を使うと、mixiの特定コミュニティに参加しているユーザーだけにアクセスを制御できる。