「Yahoo! JAPAN」と「ニコニコ動画(SP1)」が協業という記事より。

ヤフーとニワンゴは9日、「Yahoo! JAPAN」と「ニコニコ動画(SP1)」の各種サービスおよびコンテンツにおいて協業すると発表した。

Yahoo! x ニコニコ動画でいったい何が起こるのか!

と思ったら、まずは「ニコニコ市場」に「Yahoo!ショッピング」の商材を追加できるようにって、意外に堅実路線ですね。

さらにYahoo! JAPANの動画検索で、ニコニコ動画の検索精度を向上させるそうです。こちらも堅実。「Yahoo!ツールバー」の検索もニコニコ動画対応です。

今後は、両社のユーザーID連携を行ない、Yahoo! JAPAN IDでニコニコ動画にログインできるようになる。

このあたりになると、そこまでやってしまうのかYahoo! という気もしますが、ユーザとしてはありがたいところでしょうか。

・「Yahoo!ブログ」へニコニコ外部プレーヤー機能提供
・ニコニコ動画内でヤフオクの利用が可能に
・ニコニコ動画の決済に「Yahoo!ウォレット」
・オーバーチュアが提供する検索連動型広告も提供

などなど、かなりがっちりなことになっています。

ニコニコとヤフーが今、手を組んだ理由という記事がありまして、

対するニコニコ動画は、男性ユーザーが71%、10代・20代ユーザーが75%という「男性中心・若年層中心」のサービスで、女性や30代以上のユーザーの拡大が課題。

ということで、お互いにとってメリットのある“がっちり”みたいです。

きじにもありますが、確かにYahoo! の井上社長は、

“カオス状態”のニコニコ動画や、その背景にある「2ちゃんねる」文化に否定的

だったんですけどね。そこを乗り越えて、ということなのでしょう。

昨年3月には主要ゲームメーカーに対し、ゲームのプレイ動画が投稿されていることについて説明。「これはけしからんという会社は1社もなかった」

いろいろな苦労を乗り越えての協業のようです。

■関連記事

ニコ動のコメントでヤフオクへの入札も可能になる!?

協業の話は、2007年7月にヤフーからあったとのことで、「当時、会員数は200万人だったが、そこで声がかかったことに驚いた。逆にしっかりやらなければと気が引き締まった」と経緯を説明した。