米ヤフー、2週間限定グーグルと広告提携という記事より。

米インターネット検索大手ヤフーは9日、最大2週間と期間を限り、ライバルで業界トップのグーグルと検索広告分野で試験的に提携する、と発表した。

よく意味が分からないのですが、もちろんこれはMicrosoftの買収を牽制するものです。

すぐにMiscrosoftも「市場競争を阻害する」という声明を出しています。何しろ8割強のシェアになってしまうらしいですから。

で、具体的にどんな提携かというと、

試験提携はヤフーの米国サイトに限り、検索するとグーグルが提供する広告も表示される。

というものだそうです。つまりGoogleアドワーズに広告出稿していると、Yahoo! にも広告が出るようになる、と。

ヤフー、AOLと統合で最終調整…買収にニューズ合流もなんてニュースもあって、

ワーナーのネット事業部門アメリカ・オンライン(AOL)と統合、統合会社にワーナーが20%程度出資する方向という。

と報じられています。Yahoo! 必死だな、という感じなのでしょうか。

■関連記事

ヤフー、グーグルとネット広告提携…2週間期間限定

グーグルは広告収入の一部をヤフーに支払う。広告提供は検索件数の3%以内にとどめる。ヤフーが提携しているメディアのサイトなどには導入しない。

グーグルとネット広告提携…米ヤフー、2週間に限り

ヤフーは今回のテストが「グーグルとのさらなる商業的関係につながるとは限らない」としている。