ドコモとグーグル、iモード端末でグーグルのサービス利用可能にという記事より。

NTTドコモとグーグルは、業務提携すると発表した。これによりiモードの検索サービスの連携強化や連動広告の導入が図られるほか、GmailやYouTube、Picasaなどのグーグルのサービスがiモードで利用できるよう検討される。

ドコモとGoogleが提携することはお伝えしていましたが、正式に具体的なところも含めて発表があったようです。

これまでは公式サイトのみだった検索結果が一般サイト、PC向けサイトも表示されるようになったり、フルブラウザ起動時のスタート画面がGoogleになるそうです。

時期は未定ですが「Gmail」「YouTube」「Picasa」などもiモード対応となる可能性があるとも。

検索結果には「Google AdWords」が導入されたりするようになるそうです。ドコモでは「Google AdWords」から100億円規模の収益を期待しているとのこと。

かなり緊密な提携であることが分かります。

気になるのは同じくGoogleと提携していたauですが「他社と違って、検索エンジンやマップだけに限定しない。あらゆるサービスを対象に連携をしていく」とドコモの夏野氏は語ったそうです。

■関連記事

グーグルとNTTドコモがモバイルネット分野で提携

提携の概要としては、1)新たな検索サービスの提供、2)グーグルのアプリケーションのiモード対応、3)プラットフォームに関する検討、4)新たなモバイルマーケティングサービスの検討――の4分野を挙げている。

ドコモとGoogleが提携 正式発表

Googleの携帯電話向けプラットフォーム「Android」のドコモ端末向け商用化も、両社で協力て検討していく。

ドコモとGoogleが提携──各種サービスのiモード対応などを推進

Googleを始めとするOpen Handset Allianceが発表した携帯電話向けソフトウェアプラットフォーム「Android」を、ドコモ向けに商用化することも含め展開を検討する。

NTTドコモがグーグルと提携--検索や広告、YouTubeなど全サービスで協力

具体的な実装方法については、「アプリのほうが使い勝手がいい場合もあるだろうし、ウェブのままでいいものもあるだろう」(NTTドコモ執行役員プロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏)として、サービスに応じて変えていくとの考えを示した。