米Napster、ダウンロード販売の全楽曲をDRMフリーのMP3形式で提供へという記事より。

米Napsterは7日、2008年第2四半期中に同社がダウンロード販売するすべての楽曲をDRMフリーのMP3フォーマットで提供すると発表した。

現在「Napster」はDRMが施されたWMA形式で楽曲を提供しているのですが、今後は全てDRMフリーのMP3で提供することが発表されました。

このことに関してCEOが次のようにコメントしています。

「MP3のユビキタス性とクロスプラットフォームな互換性は、音楽サービスやハードウェアメーカーにより公平な市場をもたらすだけでなく、デジタル音楽もより使い勝手がよくなり、これまで以上に幅広く利用されることになるだろう」と

DRMフリーでさらにMP3です。より自由度を高めて。そういう流れなんでしょうかね。

日本国内でもナップスタージャパンがサービスを提供していますが「実施するかしないかも含めて、今後のマーケットの状況を見ながら検討していきたい」としています。