「Web of the Year 2007」結果発表、ウィキペディアが大賞2連覇という記事より。

Web of the Yearは、年間で話題になったサイトや有名・人気サイトの中から、一般投票によりベストサイトを選ぶコンペティション。今年で12回目の開催となる。

「Yahoo! Internet Guide」が選出したノミネートサイトの中から選出され、投票によって選ばれます。

大賞を受賞したのは「ウィキペディア」で、2連覇だそうです。「ウィキペディア」は知識・情報部門でも1位になっています。

視聴率データを基に選考するネットレイティングス賞は「ニコニコ動画」が選ばれた。特別賞の話題賞1位は「脳内メーカー」で、2位「ニコニコ動画」、3位「YouTube」を上回った。

「脳内メーカー」では、テレビでタレントが紹介しているのを見ましたから、ネットを飛び出して話題になった、という印象です。

「Yahoo! Internet Guide」が主催ですが、検索部門に1位は「Google」に。

それ以外の受賞は今年も大賞は「ウィキペディア」 Web of the Yearでまとめられています。