楽天が、Ruby on Railsで開発した「my Rakuten BETA」を公開していました。

My Rakuten Beta 2

楽天、Ruby on Railsで会員ページを刷新によると、

これまでユーザーはページを編集できなかったが、ドラッグアンドドロップなどの簡単なマウス操作でページをカスタマイズできるようになった。

ということで、会員向けの専用ページが「my Rakuten BETA」として公開されています。

見るとドラッグ&ドロップでコンテンツの移動などが可能になっていました。が、

My Rakuten Beta 1

なぜか「お客様のブラウザは、javascriptが無効になっているか、javascriptをサポートしていないブラウザです」という表示も。ちゃんと動作はしているようなのですが。

楽天では「Ruby on Rails」の採用を2007年3月に発表していましたが、今回は「JavaやPHPを用いた開発に比べ、工数を約3割削減」することができたということです。

■関連記事

楽天、「Ruby」を使った会員専用ページ「my Rakuten BETA」公開

my Rakuten BETAでは、「楽天市場」のランキング情報、「楽天トラベル」のエリア特集など、楽天グループが提供する117種類のサービスメニューから好みのコンテンツを選択・表示できる。