Googleほか34社、オープン携帯プラットフォーム「Android」を発表というエントリーより。

新たに発表されたプラットフォームAndroidはOSおよびミドルウェア、ユーザーフレンドリーなインターフェースさらに主要アプリケーションを含んだ完全なソフトウェアスタックであると説明されています。

Googleから携帯電話「gPhone」がリリースされるのでは? という噂が長く続きましたが、姿を現してみると、電話ではなく携帯電話プラットフォームでした。

T-Mobile、HTC、モトローラ、KDDI、ドコモなど世界34社が「Open Handset Alliance」を結成し、Googleの「Android」の開発を進めていくということです。

「Android」はGoogleのMobile PlatformディレクターAndy Rubin氏が設立、Googleが買収したモバイルソフトウェア企業の名前。

Googleが買収した企業がベースとなって開発された環境だそうです。

GmailやGoogle Mapsといったアプリケーションも搭載されたりするのでしょうね。「Android」が広まることで、Googleはさらに静かに広がっていきます。

ポイントは、

つまりは事業者ごとにさまざまな壁で囲われていた携帯電話の世界にオープンなインターネットサービス / アプリの原理を持ち込むのが狙い。

というところです。日本からもKDDIやドコモが参加していますが、オープンになってしまって良いのでしょうかね。それとも世界に乗り出す良い機会と捉えているのでしょうか。

2008年下半期に、最初の「Android」を搭載した携帯電話が登場する予定だそうです。

Googleプレスカンファレンス速報:Android・OHA質疑応答もあわせて読むと楽しいです。

Eric Schmidt (Google):現在のほとんどの携帯に共通する根本的な問題は、フルパワーのブラウザを備えていないこと。われわれのモバイルサービスを提供するときも、そうした端末のために特別な作業が必要となる。Androidをプラットフォームとして採用すれば、アプリケーションをプラットフォームに無理に合わせる必要はなくなる。