ドリコム、Google Maps APIを利用したコミュニティサービス「alis」という記事より。

ドリコムは、地図上でユーザー同士のコミュニケーションを図ることができるコミュニティサービス「alis(アリス)」のベータ版を9月5日に公開する。

ドリコムから、Googleマップでコミュニケーションができる「alis(アリス)」というサービスのベータ版が公開されました。

試してみたところ、Safariではうまく動作しませんでした。MacユーザだったらFirefoxを使いましょう。

Alis1

Alis2

Alis3

自分のアバターを作成すると、Googleマップ上の世界に現れます。

このアバターを移動させ、周囲にいる人と会話したりすることができるみたいです。

alisは、Google Maps APIを利用した地図上でブログやチャット、Wikiを利用してユーザー同士のコミュニケーションが図れるサービス。

他にもブログやWikiとの連携もあるみたいですね。

試した時間が悪かったせいか、他の人と会話ができなかったのと、いまいち使い方がよく分かりませんでした。

はてなわんわんワールド」と似ているよ、なんてことも教えてもらってそちらも試してみたのですが、確かにGoogleマップ上でチャットするというところは共通点がありますね。

Alis5
↑オレたちの磯子シティー

もしかしてリリースが待たれる「はてなワールド」というのは、こういう仮想世界だったりするのでしょうか? なんてことはないですか。

■関連記事

ドリコム、Google Maps上の実世界で交流を図るコミュニティサービス

「最近では『Second Life』などの仮想世界体験サービスが注目を浴びているが、alisは実世界の地図であるGoogle Mapsを利用したことで親近感が出るとともに、地図は二次元情報であるためユーザーが家やアイテムなどのコンテンツを作りやすいことが特徴」

Googleマップをアバターで歩く 仮想空間「alis」

建物などのアイコンを地図上に置き、コメントを付けることができる。おすすめのレストランがある場所に建物のアイコンを置き、解説を書いて他ユーザーに見てもらう——といった使い方が可能だ。