総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明という記事より。

これを利用して行政機関からの編集について調べてみると、総務省や文部科学省、宮内庁などから、行政に関わる内容からエンターテインメント関連まで、さまざまな内容について編集があったことが判明。

Wikipediaを編集した組織や企業が分かるツール「WikiScanner」の日本語版が登場し、総務省や文部科学省、宮内庁などからWikipediaが編集されていたことが明らかになったそうです。

Wikiscanner1

仕組みとしては、IPアドレスを入力し、そのIPアドレスから編集された内容を一覧で表示するツールなのだそうです。

IPアドレスと組織名を対応させる仕組みも備えており、特定の組織が編集した記事や内容を確認できる。

今回、日本語版の登場でWikipedia日本語版の検索が可能になったのだそうですが、

・テレビ番組に関する書き込み
・ゲームに関する書き込み
・元政府税制調査会会長に関するスキャンダルを削除
・自身が作成したサイトを自画自賛

といったことが明らかになったのだとか。にんともかんとも。

「Virgilのお勧め」というリストがあり、試しに「Nippon Hōsō Kyōkai」をクリックしたらこんなに。