悪マニ管理人が「グーグル八分発見システム」開発へ、IPA未踏ソフト事業という記事より。

情報処理推進機構(IPA)は7月31日、2007年度第2期「未踏ソフトウェア創造事業」の採択プロジェクトを決定した。

「グーグル八分発見システム」は「悪徳商法?マニアックス」の管理人である吉本敏洋氏が提案したもので、「グーグル八分」されているサイトを発見するシステムだそうです。

祝!未踏ソフトウェア創造事業に採択されました - 悪の最新情報」というエントリーに詳しい内容が書かれていました。

私は、悪マニ管理人ですが、その前に一介のプログラマーでもあります。プログラマーであれば、技術力に対して技術力で対抗しなければいけません。いまこそ、検索エンジンを独自に監視できるような、「観測方法」を技術的に構築する必要性があります。

プロジェクトの名称に「グーグル」という企業名が入っているのがすごいと思いました。「グーグル八分対策センター」というサイトもありました。