米Google、成果報酬型広告「Pay-Per-Action」のテストを開始という記事より。

この広告はGoogle AdSenseネットワークに配信され、広告主が設定した行動をユーザーが起こした場合にのみ、自ら設定した成果報酬をGoogleに支払うという仕組みだ。

成果報酬型広告というとアフィリエイトプログラムを思い出す訳ですが、GoogleがAdSenseネットワークを利用して「Pay-Per-Action」という成果報酬型広告のテストを開始したそうです。

既に巨大なネットワークが構築されていますから、そこを利用しての成果報酬型というのは普通の成り行きかもしれません。

広告主としては、

成果報酬を支払ってもよいと考えるようなユーザーの行動で、例えばサイトへのサインアップ、フォームへの記入、商品の購入などだ。

といったアクションを設定し、それに応じて課金が行われるということです。広告を掲載するサイトとしては、どのタイプの成果報酬型広告を表示するか選べます。

「テキストリンク広告」というのも追加されているそうで、「最大90文字の文章として表示されるハイパーリンク」で、マウスオーバーすると「Ads by Google」と表示されるというもので、一見すると広告だと分からないタイプなのでしょうか。どういう反応が起きるでしょうか。

日本でも開始されれば、アフィリエイトプログラムを運用しつつ、「Pay-Per-Action」を実施する企業も増えるでしょう。

ブロガーとしても、コンテンツに合わせて広告を貼付ける必要がなくなるので、非常に簡単便利な広告になりそうな気がします。