楽天市場のシステム開発にRuby on Railsを採用 - 楽天という記事より。

ネットワーク応用通信研究所からRailsトレーニングプログラムを受講した開発グループ"Ruby プロジェクトチーム"を組織、今後のサービス開発においてRailsを活用していく旨を発表した。

これまでにもLAMPを採用するなどしてきた楽天ですが、生産性をさらに向上させるために「Ruby on Rails」を採用することになったそうです。

「Ruby on Rails」というのはRubyでアプリケーションを開発するためのフレームワークで、主に楽天市場のサービス開発に利用されていくとのこと。

Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏が在籍しているネットワーク応用通信研究所からの支援を受けて、プロジェクトチームが組織されたそうです。

トランザクション処理や、セキュリティ処理などに対応したサービス開発ということで、すぐにユーザの目に見えるようなところではないのかもしれませんが、開発スピードが加速していくと良いですね。