「ゆびとま」も乗っ取り売却益狙う アドテックス事件という記事より。

関係者によると、ゆびとまがネット関連企業を吸収合併した際、株式交換で大量の同社株が渡った。下村容疑者は平成18年1月に開催された臨時株主総会に、吸収された企業側の代理人として出席し、経営陣の退陣を要求。同年4月に社長となった。

「ゆびとま」の社長が元暴力団組長で、「アドテックス」をめぐる民事再生法違反事件で逮捕されたそうです。さらに「ゆびとま」を乗っ取り、株式売却で利益を得ようとしていたらしくニュースになっています。

一時期、都内のIT企業が「ゆびとま」を買収するという話もあったのですが、それは「暴力団関係者(下村容疑者)がいることが判明したため合意を取りやめた」という経緯があったということです。

なんとなく「ゆびとま」の動向がおかしいと思ったら、乗っ取りにあっていたのですね。

もともと同好会的な雰囲気から出発したサイトだと思っていたのですが、今後はどうなるのでしょうか。どこかの企業が救済に乗り出すのでしょうか。約360万人の会員がいるというのは、サイトとしては大規模です。

ゆびとまのCEO逮捕、破産したアドテックスでの民事再生法違反容疑では第三者割当増資を引き受けていたネットエイジのコメントが紹介されています。