ライブドア、自社報道部門を2月末で閉鎖という記事より。

ライブドアは30日、同社が運営するポータルサイト「livedoor」に記事を提供していた自社内の報道部門を2月末で閉鎖すると発表した。

ライブドアが、自社運営していた報道部門を閉鎖することになったそうです。「CGMを軸にしたメディア企業を目指す全社戦略を推進するため」というのがその理由です。

今後は他社からの提供記事とCGMによる記事を組み合わせ、ニュースを提供していく方向性だそうです。

このニュースを見たとき、パブリックジャーナリストがなくなってしまうのかと思ったのですが、そうではなく、そちらは継続するそうです。CGMによる記事には、パブリックジャーナリストの記事が含まれているということなのでしょうね。

■関連記事

ライブドア「パブリック・ジャーナリスト」募集

パブリック・ジャーナリストの位置づけは「本業ではなく、副業としてニュースやオピニオンを寄稿する記者」だそうです。

パブリック・ジャーナリストになる?

参加費用は8,000円+懇親会500円で、ジャーナリスト研修を受け、パブリックジャーナリストとしての記事投稿が可能になるそうです。