Wikipedia創設者、新百科事典サイト「Citizendium」立ち上げという記事より。

Wikipedia創設者の1人で、現在はWikipedia「批判者」であるラリー・サンガー氏は10月17日、Wikipediaに対抗する新たな無料オンライン百科事典サイト「Citizendium」を立ち上げると発表した。

Citizendium」はWikipediaと同じWikiであるものの、編集者がおり、書き込む人も本名での書き込みが求められるということです。

より正しい情報が掲載されるように、という配慮だと思いますが、日夜増え続けていくコンテンツに対して、どのくらい対応できるものなのでしょうか。

Citizendiumはゼロからの出発ではなく、Wikipediaの「ミラーサイト」としてスタートし、いずれすべてのWikipedia由来のコンテンツを改良、書き換えることを目標とするという。

見比べてみると面白いカモ。

ウィキペディア共同設立者、新たな百科事典サイト開設を計画という記事によると、

「Wikipediaは素晴らしい。同サイトは広く、深く成長しており、(誰でも自由に書き込み可能な)現行のシステムを考えると記事の内容も非常に素晴らしい。私は単に、われわれはより上手くできると考えているにすぎない」

とサンガー氏がコメントしています。荒らしやわいせつな書き込みを自然に排除していくそうです。