広告市場は「媒体の質はあまり関係ない」──ヤフー井上社長という記事より。

「例えばテレビと新聞はあまり似ていないが、同じように広告市場が成立しているし、ネットもテレビや新聞には似ていないと思うが、広告は成立している」

ソフトバンク携帯事業の発表会での、井上社長のコメントです。「広告市場は媒体の質はあまり関係がなくて、ユーザーが多ければ成立するもの」と語っています。

故に、テレビ、新聞、ネットなど、それぞれは似ていないけれどユーザ数が多いので広告市場が成立している、と。

しかし、

携帯電話向けネットサービスは「まだパソコン通信状態で、電子メール以外は本格的には使われていない」と見る。このため「今の時点では広告ビジネスモデルは難しいと思う」

と語っています。

媒体の質が関係なくてユーザ数が多ければ広告ビジネスが成立するという井上社長の持論からすると、携帯電話でも広告ビジネスが成立しそうな気も‥‥そういう意味ではないのでしょうか‥‥。