アマゾンドットコム、動画配信サービス「Amazon Unbox」を発表という記事より。

配信サービスの名前はAmazon Unbox。映画会社やテレビ局30社以上から提供された映画やテレビ番組などを提供する。プレスリリースによれば、同サービスではVC-1 Advanced Profile動画圧縮技術が採用されており、他社に見られないDVD並みの映像品質を実現しているという。

ついにAmazonから動画配信サービス「Amazon Unbox」が発表されました。

Amazonunbox

取り扱いの対象となるテレビ番組は、何十年も前のものから、前日に放送されたばかりの人気番組にまで及ぶという。

テレビ番組を購入できるというのは、個人的にはHDDレコーダーと同じくらいありがたいというか、録画し忘れたものとか、さらに子供の頃に見ていた番組とか見られたら幸せですね。

うちの子供もHDDレコーダーでタイムシフトしながら仮面ライダーカブトやウルトラマンメビウスを見ているのですが、なんていうんだろう、テレビってどんなもんだと思っているのかな? と思ってしまいます。

親が勝手に録画設定している訳ですが、自分の好きな時に好きな番組が見られるのがテレビ、だと思っているかもしれませんね。親が一緒に見ているときはCMもスキップしてしまうし。

価格は、テレビ番組が1エピソードあたり1.99ドル。また映画はほとんどが7.99〜14.99ドルで購入できるほか、公開されたばかりの新しい映画を3.99ドルでレンタルすることもできるという。

けっこうお手頃な感じです。日本でもサービスインしてくれないかなぁ。

しかしAmazon.comが動画ダウンロード販売に参入、DVD品質の「Amazon Unbox」開始によると‥‥

興味深いことに、Amazon Unbox Video PlayerはMicrosoft Windows XP SP2やWindows XP Media Center Editionなどでしか動作せず、Mac OS XやiPodで利用することができないと明記されている。

な、なんだってー!

■関連記事

米Amazon、映画ダウンロード販売に参入

動画のファイルサイズは1時間当たり約1.2Gバイト。2時間の長編映画の場合は2.4Gバイトとなり、3Mbpsのブロードバンド環境では1時間50分かかるとAmazonは説明している。