Google、アドワーズ広告の管理画面に「無効クリックレポート」機能を追加という記事より。

今回、こうしたGoogleが無効クリックとみなしたクリックの回数や割合が、広告主も管理画面から確認できるようになった。

Googleアドワーズの管理画面から、「無効なクリック数」「無効クリックの割合」が見られるようになったそうです。

故意にリンクをクリックして広告料収入を不当に稼ごうとする行為などを「無効クリック」であると見なし、クリック数としてカウントせず、広告料も課金しないとしている。

確かに広告主としては、課金されないとはいえ、どのくらいの割合で無効クリックがあるのか気になるところですね。

AdSenseの管理画面でも見られるようになると良いのに、と思ったりもするのですが。

■関連記事

グーグル、AdWordsを変更--クリック詐欺数の把握が可能に

Googleがクリック詐欺に関する最新のデータを提供してこなかったため、広告主はこれまでサードパーティが提供する予想値に頼る以外手段がなかった。このようなサードパーティ会社が提供するクリック詐欺対策のためのサービスは、より多くの業務を獲得するために数を水増ししている、とGoogleは非難している。