楽天店舗、減少惨状…課金増に悲鳴、続々退店という記事より。

「カネ、カネ、全部カネ。店が儲からないシステムになっている。広告を打つだけで数十万円。楽天が客引きのため『やれ、やれ』という大安売りもプレゼントも店の負担。小さな店は赤字だ。イヤなら(出店を)やめろという。あんなにセコイ商売はない」

ZAKZAKに楽天市場から退店する店舗が続出しているという記事が掲載されていました。

楽天によると、今年1月から3月までの退店数は836店。全体(1万5781店)の5%にあたる。同社は「規模からすれば特に多い印象はない」と意に介さないが、前期の802店舗から増加。一方、新規出店数は1460で同2126から大幅減少。

数字的には確かに退店する店舗が増え、新出店も減少しているようです。原因としては改訂された料金にある、と記事。

以前は5万円ポッキリでオンラインショップが持てるというのは分かりやすくて魅力的だったのかもしれません。それが売上やメール配信数に応じた課金も加わったので「支払いは一気に5倍になりました」と話す人もいるそうです。

システム利用が多ければその分を負担するというのは必要だと思いますが、楽天の考えと店舗オーナーの気持ちに、少しズレができているのでしょうか。

楽天市場のポータルとしての集客は魅力的ですが、安い金額で利用できるASPサービスも増えていますし、独自ドメインで生き残りをかけるという方法もあります。

またブログなどのクチコミも重要視されるようになったり、オンラインショップのあり方自体が大きく変わろうとしているのかな、と感じました。