eBay、コンテキスト広告システム「AdContext」を発表という記事より。

AdContextでは適切なキーワードを選び出すeBayの技術を使い、アフィリエートのWebサイトに自動的にeBayのコンテンツを組み込むことが可能になる。

要するにコンテンツマッチ広告ということだと思いますが、Google AdSenseがサイト内容を解析してGoogle AdWordsを表示するのに対して、eBayの「AdContext」ではサイト内容を解析してeBayのコンテンツを表示するそうです。

表示される内容ですが、

例えばスポーツ関連のサイトでAdContextを使うと、スポーツ用品の広告や、eBayに出品されている特定スポーツチームのコレクターズアイテム情報を表示することが可能になる。

というものだそうです。出品されているアイテム自体が広告という訳ですね。

日本ではYahoo! のコンテンツマッチ広告も始まっていない訳ですが、ヤフーオークションと併せてスタートしたらなかなか面白いことになりそうな気もします。

AdSenseがクリック単価なのに対して「AdContext」は売上に対するマージンになるのでしょうかね。サイトによっては、大きな収入源になる可能性もあるかもれません。

■関連記事

米eBay、“オークション版AdSense”を正式発表

eBay AdContextはGoogle AdSenseとよく似ているが、eBayの商品などのコンテンツを表示する点が異なる。eBay AdContextはeBayアフィリエイトプログラムの1つのツールとして発表されている。