ポッドキャスト広告、差し替え手軽に 沖縄から新システムという記事より。

沖縄のネットワーク企業・サイオンコミュニケーションズとエフエム沖縄は、ポッドキャストコンテンツに挿入した音声広告を、手軽に入れ替えられるシステム「CMバンクサーバ」を開発した。コンテンツと広告を別々のデータベースに保存し、自由に組み合わせて配信できる。

広告と本編が一本の番組として制作されるため、なかなかポッドキャスティング内の広告を差し替えるのは難しいと思っていたのですが、コンテンツと広告を別々のデータとして保存し、自由に組み合わせて配信することができる「CMバンクサーバ」が開発されたというニュースです。

新システムは、指定期間限定で指定した広告を配信したり、複数の広告を組み合わせて配信する、といったことが可能。広告差し替え時のデータの作り直しが不要になるほか、期間限定のキャンペーンも展開しやすい。

こういう仕組みであれば、広告も取りやすいかもしれませんね。