ミクシィ、音楽の好み似た会員自動検索という記事より。

会員制のネット交流サービス大手、ミクシィ(東京・渋谷、笠原健治社長)は22日、会員がネットで同じ音楽が好きな人を探したり、試聴、購入が簡単にできるサービス「ミクシィミュージック」を始める。

mixiが次の一手!

同じ音楽が好きな人を探したり、視聴、購入が簡単にできる「ミクシィミュージック」というサービスを開始するそうです。プレミアム会員向けのサービスのようですね。

会員が専用ソフトをパソコンに導入すると再生した曲がミクシィに送られ、自分の略歴ページで公開される。再生回数が多いアーティストを順番に表示することなどで、その人がどんな好みを持つかが一目で分かり、交流のきっかけにすることができる。

mixiで音楽の購入もできるようになるのかぁ。気になるアノ人の好きな音楽も分かったりする訳ですね。

エキサイト、Last.fmと提携ということで、似たようなサービスが2006年夏に開始する予定だった訳ですが、これは強烈な先制パンチになりそうです。やはり、アクティブユーザを多数抱えているというのは強いですからね。

■関連記事

mixiに音楽再生リスト共有機能 iTunesと連携

専用ソフト「mixi station」をダウンロードし、PCにインストールすれば、iTunesやWindows Media Playerで再生した楽曲の曲名やアーティスト名、再生日時をmixiに送信。ユーザーの「マイミュージック」ページにリスト表示する。

iTunesとも連携、音楽での交流が可能な「mixiミュージック」

アーティストや楽曲ごとのページも用意され、mixi内でのアーティストランキングも一目で分かる。これらのページは楽曲アップロードを行うことで、自動的に生成され、作成されたばかりのアーティストページにはアーティスト画像、アップロードされた楽曲ランキング、視聴しているユーザーが表示される。