エキサイト、ユーザー参加型のライフスタイル事典「エキサイトイズムウィキ」という記事。

「エキサイトイズムウィキ」では、登録ユーザーのひとりひとりが単なる読者から、情報発信者(執筆者・編集者)に変わることができるサービスとなり、「エキサイトイズム」で展開するテーマごとに記事を執筆および編集することが可能。

「Excite.ism(エキサイトイズム)」がWikiスタイルを採用するというニュースです。

エキサイトismウィキにアクセスしたところ、今のところはスタッフが更新しているという感じでしょうか。

Exciteism

自分たちでコンテンツを作り上げていくというスタイルに、Exciteのユーザが馴染むかどうか、というあたりがポイントかもしれませんね。

CGMが注文されているために、こうしたWikiを導入するのだと思いますが、ポイントとして広告収入を得やすいということも挙げられるのでしょうね。

こうした辞典系のサービスは、はてなキーワードに代表されるように、検索エンジンで上位表示される可能性が非常に高いと思いますので、ユーザが良質なコンテンツを無数に作り上げ、そこから広告収入が得られるというのはサービス提供側としても理想でしょう。