YouTube、動画の“10分間制限”がかからないアカウントの登録受付開始という記事より。

無料動画サイトの米YouTubeは10日、長さが10分を超える動画をアップロードできる「ディレクター制度」を発表した。

違法ファイルがアップロードされるのを防ぐため、最大10分間の制限時間を発表していたYouTubeですが、10分を超えるオリジナルコンテンツも多いことに配慮し、10分以上の作品をアップロードできる「ディレクター制度」を発表したそうです。

同社公式ブログによると、ディレクターアカウントを取得することにより、10分を超える動画がアップロードできるほか、アップロードしたすべての動画に「DIRECTOR」マークが付く。

登録は無料で可能とのこと。YouTubeで合法的なコンテンツを制作して発表していた人には朗報ですね。