IPAが電話相談窓口「Winny119番」を開設という記事。

ファイル交換ソフト「Winny」による情報流出事故が相次いでいることを受け、情報処理推進機構(IPA)は20日、電話相談窓口「Winny119番」を設置した。

Winnyの予防・対処方法などの情報提供をする窓口だそうです。

これまでもウィルスや不正アクセスの相談を受けていたIPAですが、Winny関連の問い合わせが急増していることから、専用窓口として「Winny119番」を設けることになったそうです。

Winnyをインストールしてしまったんだけどどうすればいいんだろう‥‥となかなか相談しにくく、さらに相談された人も困ってしまうような状況を何とかしてくれそうな「Winny119番」です。

これだけ問題になっても情報流通は止まりませんから、インストールして困っている人は相談してみた方が良いかもしれませんね。