楽天、キャンペーンで付与したポイントを一旦取り消すという記事より。

楽天では、AOLやasahi.comなどのユーザーである楽天会員を対象に、キャンペーンサイトにアクセスすることで「楽天スーパーポイント」(1ポイントが1円に相当)をそれぞれ500ポイント付与する「楽天ブックスポイントプレゼント」を実施。

ポイントを得られるまでの経緯があまりにも簡単だったので、これはどうかと思っていたのですが、やはり「複数の楽天会員アカウントを取得し大量にポイントを取得していたユーザーも多くいた模様」で、該当するポイントが取り消されることになったそうです。

とりあえず「楽天ブックスポイントプレゼント取り消し分」として、マイナスポイントが表示されるという凄い事態に。

既に獲得してポイントを使用し商品が届いてしまった人には、楽天から代金を請求するというメールも届いているということです。ただし、正規獲得者には一旦取り消したポイントの返還措置を開始しているそう。

「当初は無償でポイントを付与するとして会員登録やポイントでの商品購入を促しておきながら、後からポイントを取り消し、ポイント分の代金を別途請求するのは、詐欺的ではないか」という声ももっともですね。

記事によれば、代金を請求する可能性があるのは大量獲得者であり、実際に請求する/しないも検討中とのことです。

しかしこのキャンペーン、はじめる前にこういう事態になるのは容易に想像できたのではないかな、と思うんですけどね‥‥。

■関連記事

「楽天市場」ポイントキャンペーンでユーザーに混乱

同社は複数アカウントの取得は認めているが、常識の範囲を超えた数のアカウントをキャンペーン期間中だけ集中的に獲得したユーザーなど、ポイント荒稼ぎが目的とみられるユーザーへの対応は「検討中」としている。