CinemaNowがリニューアル。ワーナー作品を定額制でダウンロード配信という記事より。

CinemaNow Japanは6日、同社の動画配信サービス「CinemaNow」をリニューアル、「バットマン」「オーシャンズ12」などハリウッドメジャーの映画作品配信を開始した。

月額1,480円の定額制で、映画作品がダウンロードし放題のサービスです。

作品数は12月現在でアダルト約200タイトルを含み約500タイトル。

「今後1年間で100本以上の作品を揃えるほか、ヨーロッパやアジア、邦画もラインナップに追加する予定」ということで、もしかして期待のサービスではないでしょうか、コレ。

映画が見られる1,480円の「プレミアム」、アダルトも見られる1,980円の「プレミアムプラス」、作品毎に250〜450円で購入できるペイパービュー方式といった料金体系があるそうです。

ファイル形式はWMVを、著作権保護にはWindows Media DRMを採用。定額制プランの場合はダウンロードから7日間視聴でき、8日以降視聴する場合はインターネットに接続してライセンスキーを再取得する必要がある。

ポータブル機器へ転送できるようになると面白そうです。同じWindowsということで、W-ZERO3とかね。

■関連記事

ワーナー映画がダウンロードし放題-CinemaNow Japan

12月より配信されるコンテンツは「バットマン」「オーシャンズ12」「コンスタンティン」「クリミナル」「理由なき反抗」など。今後1年間で100本以上の作品を配信する計画だ。