通常の携帯に050番号を割り当てるサービス「2番。(セカバン)」という記事より。

アレグリアの100パーセント子会社であるブリーズウェイは12月1日から、ケータイサイトに登録するだけでセカンドナンバーが利用できるサービス「2番。(セカバン)」の提供を開始する。

電話をかける時に050を表示させるには「2番。」にアクセスするというのはちょっと面倒そうな気もしたんですが、相手方がかける時には050番号で問題なく繋がるというのは面白いですね。

ユーザーが2番。サイト経由で電話をかけることで、通話相手の声をリアルタイムに分析する「気持ち分析トーク」、通話のバックグラウンドに好みの楽曲を流せる「DJトーク」などの付加コンテンツサービスも提供される。

ああ、こうしたサービスが付加価値なんですね。加入料が800円、発信は1分35円、受信が1分18円だそうです。自分の携帯電話の番号を相手に知られたくない時に利用するのかしら。