ソフトバンクが競馬事業に参入、岩手県競馬組合と提携というニュース。

ソフトバンクグループと岩手県競馬組合は6日、岩手競馬に関する業務提携で合意したと発表した。

2006年4月に競馬ポータルサイトを開設し、

・インターネットや携帯電話から勝馬投票券購入
・全レースのブロードバンド中継

などのサービスを提供するとのこと。地方競馬は厳しい状況にさらされていますから、岩手競馬はソフトバンクと提携し、日本全国をターゲットとしていきたいということなのでしょう。

勝馬投票券の販売に加えて出走馬、機種、オッズなどの関連情報を提供する。また、盛岡競馬場と水沢競馬場の観客席やパドックから、携帯電話を介した勝馬投票券の購入も可能になる。

ただ単にインターネットや携帯電話から馬券が購入できるようになる、ブロードバンドでレースの様子が見られるというのだけではダメなんでしょうね。これまで競馬に関心はあったけれど、飛び込みきれなかった人たちを取り込めるコンテンツが必要なんでしょう。

孫社長は「最近では20〜30代の層が競馬から離れているが、実際にはコンピュータの競馬ゲームなどはこの層にも受け入れられており、やりようによっては十分にニーズを掘り起こせる」とコメントしています。

確かに競馬のコインゲームとかは面白いですけど、あれはコインで、しかも短いスパンで次々にレースをするから面白いんじゃないでしょうかね。本物の競馬とは、ちょっと別物ではないかと思っていますが。ただし「やりようによっては」ということですね。

■関連記事

ネットで馬券販売,ソフトバンクが岩手県競馬組合と業務提携

ソフトバンクは,今回の提携で得たノウハウを活用して他の競馬組合とも連携していく考え。「他の地方競馬などへの横展開を進めていきたい」(孫正義社長)としている。

ソフトバンク、岩手県競馬組合と業務提携――勝馬投票権をネット販売

岩手競馬の専門誌「テシオ」の編集長、松尾康司氏をはじめとする競馬関係者のブログや、サポーターズクラブ、競馬予想のコンテンツなども提供する。

ソフトバンク、岩手競馬と提携 馬券をネットで全国販売

ネット経由の馬券販売収入を「初年度は10億円を期待している。将来は80億円程度に伸ばしたい」と語った。