音楽の遺伝子を分析したストリーミングサービス「Pandora」というニュースより。

音楽ディスカバリーとは、ユーザーが曲名やアーティスト名を入力すると、ユーザーが関心を示しそうな楽曲のプレイリストを自動的に生成してくれるサービスだ。

つまり、楽曲のプレイリストをパーソナライズしてくれるサービスなのですが、「パーソナル化できるストリーミングサービスはすでにいくつか存在」していたそうです。これは知りませんでした。

「Pandora」では、30人の音楽の専門家が5年以上かけて分析したプロジェクト「Music Genome Project」の技術を利用しているのが特徴。

アーティストのタイプ、歌詞、メロディ、ハーモニー、リズムなど細部にわたって分類し、楽曲を関連づける独自のルールを編み出した。

このような技術になっているそうです。最大100のプレイリストが作れて年間36ドル。

記事によれば「実際に数時間使用してみた感じでは、心地よい裏切りのある楽曲が並べられた」ということで、ちょっと試してみたい気はします。

■関連記事

好みの曲を見つけてくれる新音楽サービス「Pandora」

このサービスでは会員が自分の好きな曲やアーティスト名を入力すると、その特徴を400項目にわたって分析し、同じ特徴を持つ曲を探し出してプレイリストを作成してくれる。