ヤフー日本法人、完全自動検索に移行・閲覧数伸ばすグーグル型というニュース。

検索サイトのヤフー日本法人は人手を利用して登録したサイトを優先的に表示する方式をやめ、10月にも検索を完全自動化した「グーグル型」に切り替える。

日本ではディレクトリ型の方が良いのでは、と思っていたのですが、「自動検索の精度が上がるにつれグーグルが閲覧数を伸ばして」いるということで、Yahoo! Japanも検索結果をディレクトリからページ検索の結果に移行するそうです。アメリカのYahoo! のようにタブ形式に移行するようです。日経では10月と報じられています。

Yahoo! Japanではディレクトリが最初に表示されるため、これまではビジネスエクスプレスで5万円を支払ってYahoo! Japanに登録するというのが一般的で、ページ検索にたどり着くまでには数クリック‥‥ということもありSEOの甲斐がないキーワードもあった訳ですが、今後はそれが逆転することになりそうです。

利用者数ナンバーワンのYahoo! Japanでの切り替えですから、いろいろなものがひっくり返りそうな予感がします。あたふたしている企業もあるでしょうし、これをチャンスとして捉えている企業もあるでしょうね。

■関連記事

ヤフーの検索結果ページが10月から「Yahoo! SEARCH」に変更

例えば「携帯電話」といった範囲の広いキーワードで検索すると、これまでは何ページにも渡って登録サイトのみが結果として表示されていたが、新方式では1ページ目から自動検索された結果が表示される。

ヤフーがロボット検索全面採用 10月から“Google型”に

従来の検索では、キーワードに関連する複数のYahoo!カテゴリやサービス、すべての登録サイトを表示した後、ロボット検索結果を表示していた。