タワーレコードとナップスター、「ナップスタージャパン」を設立するというニュース。

タワーレコードと米ナップスターは4日、日本市場における音楽配信事業に関して事業提携を行ない、合弁会社「ナップスタージャパン」を設立すると発表した。

気持ち的にはiTunes Music Storeよりも早く開始したかったところなんでしょうね。

タワーレコードと米ナップスターが音楽配信で合弁、サービス開始は2006年4月によれば開始は2006年の春ということで、それまでに音楽配信サービスがどのようになっているか、というのでナップスターの成否も大きく分かれるのではないかと思います。

ちなみに、1曲いくらの従量制サービスの他、毎月定額を支払うと好きなだけダウンロードできるサブスクリプション・サービスも予定しているそうです。これはiTunes Music Storeにはないサービスです。日本で受け入れられるかどうか、がポイントです。

■関連記事

「日本でもサブスクリプション」——Napsterがタワーレコードと合弁

新会社は日本の音楽コンテンツを提供、小売店108店舗を通じて販促活動を行う。Napsterはブランドと技術プラットフォーム、音楽ライブラリなどを提供してライセンス収入を確保する。