有料音楽配信サービス各社が一斉に値下げ――iTMSの影響強しというニュース。

同日に値下げを発表した音楽配信サービスは、オリコンの「ORICON STYLE」や、USENの「OnGen」、リッスンジャパンの「Listen Music Store」、レーベルゲートの「Mora」など。

iTunes Music Storeの150円に刺激され、音楽配信サービス提供各社が値下げに踏み切りました。これまで210円~270円程度だったのが、150円~200円程度と、iTunes Music Storeを意識した値下げになっています。

「iTMSの開始を機に、音楽配信への社会的関心が一層高まり、文化的に幅広く普及することは、オリコンが音楽配信事業を推進するにあたって望ましい外部環境の変化だ」とオリコン。

海外からのサービスにより、これまでの日本の音楽配信サービスが変化していくというのは、少し悲しいものもあります。横並びでなく、最初から150円で配信していれば、それだけでも話題になったのに、と思うんですけどね。

PCで音楽をダウンロードして聴く、というのも、これで市民権を得そうです。

■関連記事

iTMS以外の配信サービスが、一部の楽曲をiTMSと同価格に値下げ

レーベルゲートが運営している「Mora」では、エイベックスネットワークが提供している鈴木亜美の楽曲が、従来は210円で販売していたが、現在は200円に値下げされているほか、同レーベルの楽曲はExcite Music Storeでも値下げされている。