Mozilla Foundation、営利目的の新会社「Mozilla Corporation」を設立しています。

米Mozilla Foundationは3日、組織の再編成を行ない、営利目的の会社「Mozilla Corporation」を設立したと発表した。

「市場シェアが増大しているFirefoxの経済価値を利用して、Mozilla Foundationの活動を資金面で支えるため」というのが設立の理由。ウェブブラウザ「Firefox」、メールソフト「Thunderbird」の普及やマーケティングを手がけることになるそうです。

ソフトウェアは引き続き無料で公開されます。営利目的というのは決して悪いことではないですからね。むしろ「Mozilla Foundation」の成長には必要なことかもしれません。お金、大切です。

■関連記事

Firefoxの普及を急ぐモジラ財団、営利目的の「Mozilla Corporation」を設立

現在約40名ほどいるMozilla Foundationのスタッフは、大半が新会社に移籍することになるが、Firefoxの開発を進めるMozilla projectの運営には変更がない予定だという。