「自然な出会いだった」——mixiで結婚した2人という記事がありました。

ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「mixi」で出会った2人がこの6月、結婚した。

うわー、凄い。mixiをきっかけに結婚したカップルって初なんでしょうかね? 

出会い系という訳ではないですが、知らない人同士が知り合うには十分な環境が整っていますし、事前にどんな人かも日記で分かりますから、そういう意味では安心してお付き合いできる環境なのかもしれません。

当時のmixiユーザーは、まだ数千人。「みんなが顔見知りだった」と、ユリヤさんは振り返る。外界から守られた、こぢんまりした温かい空間。知らない人のページにも気軽に訪問できたし、赤の他人の日記にコメントを付けるのも、普通だった。

特にアットホームで、安心感のある雰囲気だったのかもしれませんね。

mixiから2人同時にいなくなった——2人のマイミクたちは、デートにうすうす気付いていた。毎日ログインするのが当たり前だった2人。突然同時に消えたのは、明らかに怪しかった。

そ、そんな推測までできたなんて!

「今のmixiだったら、きっと出会えないと思う」と二人は言っていますが、規模が違いますからね。確かに殺伐とした雰囲気を感じることもあります。気になりだすと止まらないので、少しmixiから距離を置くようにしています。

■関連記事

ネットとリアル境界——“mixi的”人間関係

実際に会うと、想像する余地が激減する。現実の人間関係というしがらみもでき、好き勝手な発言も難しくなる。「リアルの友人とマイミクになっても、あまり行き来しないなぁ」とユリヤさんは言う。