ライブドア“525円無線LAN”の勝算という記事より。

「これまでの公衆無線LANサービスがうまくいかなかった理由は2つ、価格とエリアだ」——照井知基上級副社長はこう分析する。

照井知基上級副社長にインタビューした記事です。

エリアと価格が問題だったというのは確かにそうで、探さないとアクセスポイントが見つからない、そして月額1,500円程度はとりあえず加入するにはちょっと高い、というのが現状だったと思います。

これは当たり前のことだったと思うんですけど、既存の事業者はそこに切り込むことができなかった訳で、今回そこに「D-Cubic」が突っ込んできた形になっています。

エリア、価格面を同時にクリアしようというのが「D-Cubic」の方法ですが、果たして採算面でうまくいくのか、というのがやはり大きな課題でしょう。

インフラだけで採算がとれるかは微妙なラインだが、周辺サービスで総合的に利益をあげる目算だ。申し込み時にライブドアIDを取得してもらい、オークションやショッピングといったポータルコンテンツに誘導する。

このように思惑通りに行くのか? というところですね。

「ライブドアIDを持っていれば、D-Cubic利用料を支払わなくても、ポータルの各サービスに限って閲覧可能」ということで、例えば乗換案内や地図サービスは使えると思うのです。そういう意味では、「ポータルへのアクセスを増やして広告媒体としての価値を高める作戦」は一つあるかと思います。

最終的には「400万ユーザーを集めたYahoo!BBの位置を狙う」ということですが、家庭向けのADSLと、モバイル用とが主となる「D-Cubic」では簡単に比較はできませんが、ウィルコムの規模を考えても、数百万人規模というのはどうなのでしょうか。

ただ「低価格で定額なD-Cubicと無料のSkypeの組み合わせが「結果的に」携帯電話を駆逐する可能性はある」など、「D-Cubic」に期待するところは大きいですね。