ラテンアメリカのAOLが破綻しています。

中南米でAmerica Online(AOL)のサービスを提供しているAOL Latin America(AOLA)は6月24日、米破産法第11条に基づきデラウェア地区の破産裁判所に自己破産を申請したと発表した。

破綻の理由は記事には書かれていないのですが、ユーザ数の減少が主な理由なのでしょうか。ダイアルアップCD-ROMでユーザ数を獲得してきたAOLだけに、ブロードバンド化への流れが厳しいのかも。同時に子会社もいくつかが自己破産を申請しています。

AOLA子会社のAOL Puerto Rico Management Services、America Online Caribbean Basin、AOL Latin America Managementも同時に自己破産を申請。